ブルーライト パソコン 携帯電話 抗酸化作用 活性酸素 コラーゲン ビタミンC

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

お肌に良くない影響を及ぼすブルーライト

携帯電話をいじる人

ブルーライトという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

ブルーライトは、パソコンや携帯電話から出ている光のことで、第三の紫外線とも呼ばれるほど、お肌にとって良くない影響を及ぼすそうです。

ブルーライトは、日焼けやシミの原因となる紫外線B波よりも肌の奥に入り込み、色素沈着を引き起こすといわれています。

そのため、ブルーライトの浴びすぎには注意が必要です。

ブルーライトは、シミだけでなく、肌を酸化させて老化を促進させる活性酸素の生成の原因にもなるともいわれていて、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つのに欠かせない肌組織委を破壊したり、コラーゲンの量そのものも減少させてしまうという良くない影響をお肌に及ぼすということがわかっています。

このようなブルーライトの良くない影響を受けないためには、寝る1時間前にパソコンや携帯電話などを使うのをやめることがいいといわれています。

また、ブルーライトに対応した眼鏡を使うというのも有効的なようです。

ほかには、ブルーライトによって作られてしまう活性酸素を取り除くために、抗酸化作用の高いビタミンCなども積極的に摂るのが良いようです。

そのほかにも、ほうれん草、かぼちゃなどはブルーライトを吸収する働きがあるといわれていますので、こういった食べ物を積極的に摂って、ブルーライトのよくない影響から身を守るというのも必要になってくるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー