お肌 くすみ 血行 紫外線 メラニン 食事

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

お肌のくすみにはタイプがある

自分の顔が気になる女性

鏡を見ると、お肌に透明感がなく、お肌がくすんでいるように見えることってありませんか。

お肌のくすみには、色々なタイプがあるそうです。

まずは、乾燥が原因でお肌がくすんでしまうことがあるそうです。

乾燥を防ぐためには保湿が必要です。

保湿をしないと、お肌のくすみにまで影響が出てしまうんですね。

次に、血行が悪くてくすんでしまうということがあります。

血行が悪いと、顔が疲れているように見えたり、不健康に見えたりしてしまうようです。

血行を良くするためには、お風呂に入ったり、血行をよくするマッサージをしたりなどして、血行を良くしてお肌がくすんで見えないようにしていきましょう。

そのほかには、メラニン色素によるくすみというものがあるそうです。

メラニン色素のせいで、お肌が茶色や黒っぽく見えてしまい、お肌がくすんで見えるようになってしまいます。

メラニン色素を予防するためには、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

ほかには、お肌が黄色っぽくなってしまったために、お肌がくすんで見えてしまうことがあるそうです。

お肌が黄色っぽく見えてしまう原因として、脂質や糖質の摂りすぎやストレス、喫煙、紫外線などがあります。

お肌が黄色っぽく感じた時には、糖質や脂質を抑えたような食事を摂ることが必要です。

ビタミン類を積極的に摂ると、お肌が黄色っぽくなるのを抑える効果があるといわれていますので、ビタミンを積極的に摂るようにしていきましょう。

このように、お肌がくすんで見えてしまうのには、色々なタイプがあります。

自分がどのタイプなのかわからない時は、これらの予防をしていくと、お肌のくすみを解消することができると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー