お酒 ダイエット カロリー 蒸留酒 太りやすい 太りにくい おつまみ

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

お酒を飲むと太るのにはわけがあった

ビール

お酒を飲むと太るというイメージがあるかと思います。

これは多くの場合、お酒を飲んだから太るのではなくて、お酒と一緒におつまみを食べるため、カロリーを多く摂ってしまって、太ってしまうということがあげられます。

つまり、悪いのはおつまみであって、お酒が直接の原因ではないんです。

とはいっても、お酒にはカロリーが高いお酒とそうでないお酒があるのをご存じでしょうか。

お酒といっても世の中には数多くの種類のお酒があります。

この中でも、ダイエットを気にしていても、飲んでいいお酒とそうでないお酒があります。

カロリーが高くなくてダイエット中に飲んでもいいといわれているお酒として、蒸留酒と呼ばれるお酒がそれにあたります。

具体的に蒸留酒とは、ウィスキー、ブランデー、焼酎、泡盛などがあげられます。

これらは代謝を落とすことがないので、太りにくいといわれています。

一方、太りやすいお酒として、ビール、ワイン、日本酒、カクテルなどがあるといわれています。

これらは糖分がお酒に含まれているため、どうしても太りやすくなってしまいます。

ダイエット中にお酒を飲む場合には、太りにくいお酒を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー