きゅうり 栄養 カリウム むくみ ホスホリパーゼ 低カロリー シリカ

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

きゅうりには栄養がないって本当?

きゅうり

きゅうりはとても身近な存在の野菜だと思います。

きゅうりはサラダだけでなく、漬物にも使われ、日本人にはとても馴染みのある野菜です。

きゅうりは約95%が水分ということで、世界一栄養がない野菜とも言われているそうです。

きゅうりはどうやら栄養がない野菜として有名なようです。

でも、そんなきゅうりにも食べて効果があることがあるんです。

きゅうりは水分がほとんどですが、カリウムが含まれています。

カリウムはむくみに効果があるといわれている成分です。

むくみが気になる方は積極的にきゅうりを食べることをおすすめします。

また、水分が多いということから、逆に考えると、夏に多い、水分不足によるむくみを解消することができます。

特に夏場にきゅうりを食べるのがおすすめなようです。

きゅうりはカロリーが低いので、きゅうりはダイエットに最適です。

きゅうりを食べることで満腹感を得ることもできます。

ほかには、きゅうりには、ホスホリパーゼという成分が含まれていて、体内の脂肪の分解や代謝向上に効果があるといわれています。

きゅうりには、シリカというミネラルも含まれているので、コラーゲンの生成を助けシワのない弾力のある肌を作る効果や、肌、爪、毛髪の老化防止や修復にも効果があるといわれています。

このようにきゅうりにはいくつかの栄養素が含まれているので、決してきゅうりを食べても栄養が摂れなくて意味がないということはありません。

これからの季節、特にきゅうりを食べることをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー