しみ ストレス 紫外線 活性酵素

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

しみはなぜできてしまうのか

しみができてしまって困っている女性

しみがあると、嫌な気分になりますよね。

しみがなければいいのにと何度も思うことでしょう。

私もしみがあるので、嫌でたまりません。

では、なぜしみはできてしまうのでしょうか。

言うまでもなく、紫外線が原因の1つです。

長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受けて、皮膚細胞の再生能力が低下して、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまうといわれています。

ほかには、たばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やしてしまうといわれています。

活性酵素はメラノサイトを刺激して、メラニンの過剰産出を起こしやすくしてしまうんです。

不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまうそうです。

そのため、ストレスを溜めないようにする必要があります。

人はストレスを感じると、アドレナリンを発生させ精神を安定させようして、その時に男性ホルモンを多く出すそうです。

このことは、メラニン色素を作るよう脳が命令してしまう場合があるので、しみができてしまう原因となってしまうそうです。

このように紫外線だけでなく、普段の生活の中でもしみができやすいことがありますので、それらを注意する必要があると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー