しみ そばかす 光毒性 柑橘類 原因

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

しみ・そばかすの天敵の光毒性とは

しみ・そばかすのある女性

しみやそばかすは女性にとって天敵ですよね。

しみやそばかすはいつの間にかできてしまっていたということが多いと思います。

そんなしみやそばかすですが、実はしみやそばかすができやすくなってしまうものに、光毒性を持ったものというものが挙げられます。

たとえば、精油の中には、肌についた状態で紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性という作用を持つものがあるそうです。

光毒性を持つエッセンシャルオイルは、ベルガモット、アンジェリカ・ルート、レモン、グレープフルーツの4種だといわれています。

これらを含んだスキンケア商品などを使うと、しみやそばかすができやすいということになってしまいます。

そのほかに、ライム、マンゴー、レモンなどの過剰摂取もしみやそばかすになってしまう原因といわれています。

この光毒性は、レモンやライムの他にもオレンジなど柑橘類いちじく、セロリ、パセリ、人参など香りの強い野菜にも含まれているといわれています。

また、人工甘味料にもしみやそばかすの原因となってしまいます。

このように、光毒性のあるものはしみやそばかすの原因となってしまいますので、しみやそばかすになりたくない時には、これらを意識することをおすすめしたいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー