シミ 肝斑 内服薬 女性ホルモン トランシーノⅡ

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

そのシミは肝斑かもしれない?

シミ

年齢を重ねるとどうしてもシミができてしまいますよね。

シミは美白ケアなどしないと、なかなか消えません。

美白美容液などで時間をかけてシミのケアをしていくしか方法はありません。

ただ、もしかしてシミだと思っているものが、シミではなく、肝斑かもしれない可能性があることをご存じでしょうか

肝斑はほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるもので、シミがこういったものの場合、肝斑を疑った方がいいかもしれません。

肝斑は30~40代に発症することが多いそうです。

症状が見られるのはだいたい50歳代後半までで、60歳代以降ではほとんど発症することはないそうです。

なので、肝斑は年齢によるものでもあります。

その年代の方で、ほほに沿って左右にシミがある場合には肝斑かもしれないということです。

肝斑は女性ホルモンが原因といわれていて、妊娠や経口避妊薬が発症を促すことがあるそうです。

肝斑はレーザー治療では悪化させるので、レーザー治療は避けた方が良さそうです。

肝斑には内服薬が効果的だと言われていていて、トラネキサム酸の内服が効果があるそうです。

ちなみに、肝斑に効果があるといわれている内服薬に、トランシーノⅡがあります。

体の内側からケアすることで肝斑を治すことができるようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー