むくみ 水分 アルコール 塩分 糖分 姿勢

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

どうしてむくんでしまうのか

むくみ

むくみが気になる方も多いと思います。

私もむくみが気になる1人です。

では、どうしてむくんでしまうのでしょうか。

むくむといったも、足などのむくみから顔まで様々な部分でむくむ可能性があると思います。

むくんでしまう原因としてあげられるのが、アルコールの飲みすぎというものがあげられます。

アルコールを飲むと、水分を溜めこんでしまうので、むくんでしまう原因となってしまいます。

本来、尿として排出するはずの水分が体の中に溜まってしまうことになってしまうので、むくんでしまうようです。

ほかには、むくんでしまう原因として、塩分や糖分の摂り過ぎというものが考えられます。

塩分の多い食事をすると、塩分濃度を保とうとして、水分を体の中に保持しようとしてしまいます。

糖分については、糖分は体の中に水分を蓄えておく力が強いので、むくんでしまう原因となってしまいます。

そのほかには、長い時間、同じ姿勢を取り続けることもむくんでしまう原因の1つといわれています。

長時間同じ姿勢でいると、血行不良になってしまい、身体の他の部分にあった水分が、あちこちに移動しやすくなってしまい、その結果、むくんでしまうことになってしまいます。

このように、むくみには原因があるので、むくみで悩んでいらっしゃる方は、是非、これらのことを避けるように意識してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー