白髪 紫外線 遺伝 メラノサイト メラニン色素

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

どうして白髪が生えてきてしまうのか

毛細血管

女性でなくても誰もが気になるのは白髪ですよね。

鏡を見て、自分の髪に白髪が生えているのを見つけるとため息をついてしまう人も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるごとに、白髪が増えてしまうようになってしまいます。

黒い髪の毛ならまだしも、白髪が生えてしまうのにショックを受ける人も多いと思います。

この白髪はどうして生えてしまうのでしょうか。

髪の毛には、毛細血管や神経がある毛乳頭のまわりに毛母細胞があり、毛母細胞の間には、髪の色を作るメラニン色素を生成するメラノサイトがあります。

年齢を重ねるとこのメラノサイトが減っていき、それにともなってメラニン色素も減っていくようになってしまいます。

このため、髪の毛の色素が薄くなってしまい、白髪になってしまうそうです。

白髪になってしまうのにはいくつかの理由があると言われていますが、はっきりしたことはわかっていないそうです。

たとえば、遺伝、白髪になりやすい遺伝というものがあるそうです。

そのほかには、紫外線によるダメージというものもあります。

ほかには、栄養不足、ストレスなどがあげられます。

私もそうなのですが、白髪があると抜いてしまう人もいらっしゃると思います。

しかし、白髪を抜いたからといって、その場所から黒髪が生えてくるといった保証はなく、毛穴が炎症を起こしてしまう可能性があるので、やめておいた方が無難なようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー