あかぎれ 乾燥 保湿クリーム

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

なると痛いあかぎれ

あかぎれ

本格的な冬になってきました。

もうコートなしでは外は歩けません。

昼間でも風は冷たくて、太陽のあたるところに行かないと、なかなか温かさを感じることができなくなってしまいました。

こういった時になりやすいのがあかぎれです。

あかぎれは手の甲にひびのような線ができて、最終的には、それが破裂して血が吹き出てしまいます。

私は長年、あかぎれに悩まされてきています。

あかぎれのなる時期で、今年が暖冬なのかとかわかるぐらいです。

今年はあかぎれになるのは比較的遅かったのですが、手の甲にあかぎれ対策をしていなかったら、いつの間にかあかぎれになってしまっていました。

あかぎれは痛いですよね。

血がいきなり噴き出たりするので、外出先でそうなってしまうと、びっくりしてしまってどうしようかとおろおろしてしまいますよね。

あかぎれにならないようにするためには、毎日朝晩に、手の甲にハンドクリームを塗るしかないと思います。

朝晩だけでなく、昼間もあかぎれのクリームをぬっておくと、よりあかぎれに効果があると思います。

あかぎれになってしまうのは、手の甲が乾燥してしまってなので、手の甲を保湿してあげる必要があります。

乾燥する冬の時期、手の甲にも乾燥対策をして、あかぎれにならないように、悪化しないように対策をする必要があるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー