おじいちゃん猫 猫 ストレス 傷 健康優良児

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

ねこもストレスを感じるのかもしれない

  • 2015
  • ねこもストレスを感じるのかもしれない はコメントを受け付けていません。
おじいちゃん猫

我が家にはがたくさんいます。

いわゆる多頭飼いです。

そのため、毎日すべての猫に会うというか様子を見るわけではありません。

私に懐いている猫はその辺にいるので私とよく家の中で会います。

中には懐いていなくてただ家に住んでいるだけという状態の猫も存在します。

そういった次元で考えると普通レベルのおじいちゃん猫がうちにはいます。

今年で15歳になったので、あと何年かで寿命を迎えると思います。

このおじいちゃん猫は健康優良児で、病院のお世話になったことは去勢手術の時しかありません。

ある時期、謎のゴホゴホ病にかかっていたのですが、自力でいつの間にか治していました。

そんな健康優良児で手のかからないおじいちゃん猫なのですが、2日ぐらい私の近くにいなくて、猫のご飯の時しか顔を見かけないぐらいだったのですが、昨日ふとおじいちゃん猫を見たら、尻尾の付け根にひどい傷を負っていました。

単なる傷ではなく、中身がえぐれたような中の骨が見えているのではないかと思ってしまうほどのぐちゅぐちゅした深い傷です。

人間だったらもう痛くて仕方がないというレベルだと思います。

でも猫はしゃべることはできません。

痛そうな素振りも見せず、いつもと変わらない様子をしていました。

最近、おじいちゃん猫をかまってあげなかったのでストレスを抱えてしまったのでしょうか。

おそらくあの傷は他の猫にやられたのではなく、自分で尻尾をなめ過ぎてえぐりとったような気がします。

大きなストレスがかかってしまって自分で尻尾をえぐりとってしまったかもと思うと、おじいちゃん猫に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

猫は犬と違って基本的にかまってあげなくてよい性格のはずなのですが、おじいちゃん猫はかまってもらえなくてさみしかったのかもしれません。

おじいちゃん猫をもっと労わろうと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー