噛む 満腹中枢 早食い

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

よく噛んで食べる

噛んで食べる

ダイエットをしようとしている人は特に注意が必要なことがあります。

それは、食べるとき、よく噛んで食べることです。

よく噛んで食べると、満腹中枢が働いて、満腹感を得ることができます。

ご飯だったら、最低20回ぐらいは噛むといいといわれています。

しかし、早食いのクセがついている方はそんなに噛んで食べるということはないのではないでしょうか。

噛むことで、唾液が出ます。

唾液を出すことで、満腹感を得ることができるんです。

よく早食いはよくないということなどを聞きますよね。

早食いをすると、満腹中枢が満たされないので、食べたという感じを実感することができなくなります。

私も早食いをしてしまうタイプなので、早食いをするとお腹が満たされないということを実感しています。

せっかくの食事なので、ゆっくり食べて味わうのがベストだと思います。

食事の時によく噛んで食べることで、より食事を味わうこともできますし、満腹中枢も満たすことができます。

ということで、食事をするときは、満腹中枢が満たされるように、よく噛んで食べることをおすすめしたいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー