ウイルス 最近 増殖 感染

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

ウイルスと細菌の違い

ウイルス

これからの季節、ウイルスが気になりますよね。

誤解をしている方も多いようですが、ウイルスと細菌は別物です。

細菌には抗生物質が効きますが、ウイルスには抗生物質は効きません。

ウイルスは自分の体の中に栄養を取りこんで成長や増殖する機能がないので、抗生物質は効き目がないんです。

細菌はたとえば人間に感染し、人間から栄養をもらって増殖していく仕組みになっています。

ウイルスは自分が生きていける細胞にしか取りつくことはありません。

ウイルスは自分で増えることはできないので、自分が生きていける細胞に取り付いてその細胞を利用して増殖する仕組みになっています。

つまり、細菌は自力で増殖できるのに対して、ウイルスは人や動物などの細胞を利用してでしか増殖することができません。

ウイルスはその遺伝子をあるいはという形でたんぱく質の殻の中に保存して運搬し、特定の生物の細胞に入り込んで遺伝子をつくらせます。

これが感染といわれるものです。

これからの季節、ウイルスに感染することは大いにあり得ますので、マスクをするなどしてウイルス感染を防ぐようにしましょう。

また、他の人にウイルスを移さないためにもマスクをする方が良いと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー