乾燥肌 バリア 皮脂 セラミド

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

カサカサの乾燥肌のお手入れには

乾燥肌

お肌の乾燥がひどくて、粉を吹いてしまうようなことがある時があると思います。

このような時は、皮膚の表面のバリアがこわれてしまっているような状態になってしまっています。

このようにバリア機能が衰えている時には、大切な皮脂やセラミドも流れやすくなってしまっているので、お肌のお手入れには注意が必要です。

お肌のバリアが壊れてしまっているような時には、化粧水や乳液など、お肌にしみるようなものをつけないようにする必要があります。

また、お化粧を落とす時にセラミドが流出しないようにするために、日焼け止めクリームなどは使わずに、パウダーファンデーションなど簡単にメイク落としができるようなものでメイクする必要があります。

お肌のバリアが壊れてしまっているような時には、クレンジングはオイルのものは使わない方が良さそうです。

オイルのクレンジングを使ってしまうと、皮脂などもクレンジングの時に一緒に洗い流してしまうので、余計に乾燥肌になってしまう可能性があります。

こういった時には、クレンジングはクリームタイプや乳液タイプなどにする方が良いみたいです。

お肌のバリアが壊れている時には、洗顔にも気を付ける必要があります。

Tゾーンはこすっても大丈夫なのですが、その他の部分はこすってしまうのではなく、泡で転がして汚れを落とすように洗顔するようにしましょう。

このように、お肌のバリアが壊れているような時には、いつも気にかけないようなことにも注意する必要があるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー