キャベツ ビタミンC ビタミンU ビタミンK カロチン カルシウム イソチオシアネート

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

キャベツには意外に栄養が含まれている?

キャベツ

春になると、春キャベツがスーパーなどで売られているのをよく見かけるようになると思います。

キャベツは料理には万能で、野菜炒めをはじめとして、色々な料理に使うことができる優れものです。

そんなキャベツにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

今回は、キャベツに含まれている栄養についてみていきたいと思います。

キャベツには、ビタミンCが多く含まれているのが特徴的です。

キャベツの100g中44mgもビタミンCが含まれているそうです。

また、キャベツにはビタミンUという聞きなれない栄養も含まれているそうです。

ビタミンUは、キャベジンといわれる成分で、胃腸薬の名前でおなじみの名前なのではないでしょうか。

キャベジンはここからきていたんですね。

ちょっとびっくりです。

ほかには、ビタミンK、カロチン、カルシウムなどもキャベツには含まれています。

キャベツには先ほど述べたようにキャベジンという成分が含まれているので、胃潰瘍、十二指腸潰瘍に効果を期待することができます。

また、ビタミンKは、血液凝固作用のある成分であるということも特徴的だと思います。

ほかに、キャベツには、イオウ化合物の1つであるイソチオシアネートという成分が含まれていて、こイソチオシアネートは、発ガン物質が活性化するのを防止したり、発ガン物質を無害化する働きがあるといわれています。

このようにキャベツには多くの栄養成分が含まれていますので、是非、キャベツを積極的に食べたいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー