グリーンスムージー ほうれん草 茹でる シュウ酸 尿路結石 栄養素

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

グリーンスムージーでほうれん草を使うなら茹でるほうがよいの?

ほうれん草

グリーンスムージーを作る時にほうれん草を使うことがよくあると思います。

ほうれん草をグリーンスムージーの材料として使う時、生のままでいいのか茹でるのがいいのか迷うようなことはありませんか?

そのような疑問を持っている方も大勢いらっしゃると思います。

そこで今回は、グリーンスムージーでほうれん草を使う時に生のままの方がいいのか茹でる方がいいのか考えていきたいと思います。

ほうれん草には、ビタミン類、ミネラル類、シュウ酸、食物繊維など豊富な栄養成分が含まれています。

その中でも注意したいものがシュウ酸です。

シュウ酸はアクの正体です。

シュウ酸は体の中でカルシウムと結合するとシュウ酸カルシウムになり、尿路結石になるといわれています。

結石ができると非常に痛い思いをすることは有名ですよね。

このシュウ酸が気になる方はほうれん草を茹でるとシュウ酸はなくなりますので、茹でてグリーンスムージーに使うことをおすすめします。

一方で、ほうれん草を茹でると、ビタミンC、カリウム、葉酸など水に溶けやすい栄養素はお湯の中に溶けだしてしまいます。

ほうれん草を茹でると栄養素が失われてしまうので、茹でるとしたらさっと茹でる程度にとどめておいた方が良さそうです。

このように、ほうれん草を茹でることには長所も短所もあることがわかります。

シュウ酸のことがありますから、グリーンスムージーを作る時にいつも生で使うよりはさっと茹でることをする方が無難なのかもしれません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー