グリーンスムージー 材料 選び方

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

グリーンスムージー作りの材料の選び方

グリーンスムージーに使う材料

グリーンスムージーが芸能人だけでなく、一般人の間でもとても流行っています。

私もグリーンスムージーに関心のあるひとりです。

グリーンスムージーを自分で作りたいのですが、よく考えてみると材料は何を選んだらいいのかと思ってしまいました。

ただやみくもに何でも入れればいいというわけではないようです。

グリーンスムージーを作る時に、どの材料がグリーンスムージー作りに適切なのか考えて選ぶ必要があるようです。

グリーンスムージーは基本的に野菜と果物を材料として入れることが多いと思います。

でも、どの野菜や果物でもいいとは限らないようです。

そこで、グリーンスムージーを自分で作る際に、どのような材料を選んだらいいのか調べてみることにしました。

グリーンスムージー材料選びのポイント

グリーンスムージーで使うのにでんぷん質の野菜は使ったらいけないそうです。

たとえば、にんじん、かぼちゃ、キャベツ、白菜、芽キャベツ、オクラ、ズッキーニなどがあります。

これらのようなでんぷん質の野菜を使うと果物と食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生してしまうそうです。

また、豆類を入れるときは必ず加熱したものを使うようにする必要があります。

小豆、大豆、そら豆などはでんぷん質が多いので、グリーンスムージー作りの材料として適さないようです。

なお、ナッツ類は入れても大丈夫です。

ほかには、グリーンスムージーを作る際、注意したいことに同じ野菜や果物ばかり続けて使わないということがあります。

同じ野菜や果物ばかり続けて使うと栄養が偏ってしまうほか、遅延型フードアレルギーになる可能性もあります。

このアレルギーは摂取してから数時間、数週間後に発症するアレルギーで、まさか自分がそのアレルギーだったということがわからなかったことが多く可能性としてあります。

グリーンスムージー作りの材料としてよく使われる、ヨーグルト、バナナ、パイナップル、柿、すいかなどがこの遅延型アレルギーになる可能性があるものとして知られています。

続けて摂ることを防げばある程度は防げると思われる症状なので、あまり続けて野菜や果物をグリーンスムージーの材料として使わないほうがよさそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー