心臓病 脳卒中 死亡リスク コーヒー 緑茶 研究チーム

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

コーヒーや緑茶を毎日多く飲むのは健康にいい

緑茶

私は毎日コーヒーを多い時は4~5杯飲んでいます。

別にコーヒーでなくてもいいと思うのですが、コーヒーを飲むと何となく落ち着くんです。

緑茶もたまに飲むことがあります。

緑茶を飲むと何だかまったりすることができるので結構すきです。

先日、緑茶コーヒーを毎日多く飲むと、心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させるという調査結果を東京大や国立がん研究センターなどの研究チームが発表しました。

以前からコーヒーは1日少し飲むと健康にいいらしいということは聞いたことがあったのですが、実際に研究チームの発表とあれば、より信頼性の高いものとなります。

緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、心臓病や脳卒中、肺炎などが原因で死亡するリスクが男性は13%、女性は17%下がっていたそうです。

緑茶を1日5杯以上飲むのは今の若い世代だと意識しないと飲めない量だと思います。

食事の時に飲むのが1番緑茶をたくさん飲むことができるのかもしれません。

次にコーヒーについてです。

コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも死亡リスクが24%減り、特に脳卒中については43%も低下していたそうです。

ちなみに1日5杯以上コーヒーを飲む人については十分なデータを得ることはできなかったそうです。

この結果より、コーヒーは5杯以上のようにたくさん飲むことが効果があるわけではないということがいえると思います。

1日3~4杯という適度な量が死亡リスクには効果があるようです。

この結果から考えて、緑茶は1日5杯以上コーヒーは1日3~4杯を飲むようにしていくのがいいようです。

たくさん飲まないといけませんが、健康のためとあれば、頑張って飲んでいきたいと思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー