シミ 紫外線 原因 乾燥

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

シミができてしまう原因とは

お肌に困っている女性

シミはなければないほどうれしいですよね。

こうしたシミは、多くは紫外線の影響でできてしまうといわれています。

しかし、紫外線以外にも、シミができてしまう原因というものがあるんです。

今回は、紫外線以外にどんなことでシミができてしまうのかをみていきたいと思います。

シミは、皮膚内で作られるメラニンが沈着してできます。

シミはメラニンが過剰に生成されることで発生するものです。

シミができてしまう原因として以下のようなものが考えられるといわれています。

お肌が乾燥すると、肌の新陳代謝が低下してしまうため、シミができやすい状態になってしまうといわれています。

肌が乾燥して潤いがなくなると、角質層が硬く厚くなってしまい、ターンオーバーが遅くなってしまうため、メラニンの排出が上手くいかなくなってしまって、シミができやすくなってしまいます。

そのため、シミを作らないためにも、お肌が乾燥した状態というのは良くないということがわかると思います。

そのほかには、ストレス、乱れた食生活、寝不足などもシミができてしまう原因といわれています。

シミができないようにするためにも、これらにならないように努力する必要があると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー