肝斑 シミ ソバカス レーザー 美容整形外科

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

シミでなく肝斑かも

肝斑

シミそばかすができることがあると思います。

紫外線を多く受けてしまうと、シミやそばかすが後からできてしまいます。

シミは最後の?手段とし美容整形外科でレーザーでシミを消すことができます。

しかし、30代後半からシミだと思ったら肝斑だったという場合もあるようです。

肝斑は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れるそうです。

特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がってできるそうです。

肝斑はシミのように紫外線だけでなく、女性ホルモンが影響しているそうです。

なので、ホルモンバランスが崩れいているときに肝斑ができることもあるそうです。

とはいっても、肝斑をこれ以上悪化させないようにするためには紫外線対策は欠かせません。

つまり、シミでなく肝斑であった場合でも紫外線対策は必須ということになります。

肝斑の場合、シミと違い、美容整形外科でレーザーで治療するのはかえって悪化させる可能性があるそうです。

なので、シミのように最終手段を使うことは止めておいた方が良さそうです。

肝斑は飲み薬で治すのが1番手っ取り早いようです。

皮膚科に行けば、対応してもらえますので、肝斑に心当たりがある方は是非、皮膚科に行ってみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー