ゴジベリー スーパーフード ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC ニコチン酸 βカロチン

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

スーパーフードのゴジベリー

ゴジベリー

世の中にはスーパーフードと呼ばれるものがたくさんあります。

スーパーフードと呼ばれるものの中には、名前がよく知られているものと、そうでないものがあります。

スーパーフードの中で、ゴジベリーと呼ばれているものがあります。

ゴジベリーといっても、名前を聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

私も聞いたことがありません。

そこで、ゴジベリーとはどのようなものなのか調べてみることにしました。

ゴジベリーとは、クコの実で小さな赤い実です。

中国などでは昔から漢方薬や民間薬として使用されていたそうです。

ゴジベリーは、食品の抗酸化能力を測定するORACスコアの数値が非常に高いため、抗酸化作用を期待することができる食べ物です。

シミの元となるメラニンの生成を促すチロシナーゼやコラーゲン分解酵素の活性を抑える働きがあるといわれています。

ゴジベリーには、βカロチンが多く含まれていて、そのほかに、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ニコチン酸などが含まれています。

目にとても良いといわれています。

コラーゲン生成促進効果もあって、体内のコラーゲンも守ってくれます。

ビタミンも含まれているので、お肌のシミなどに効果があって美白効果も期待することができます。

滋養強壮や免疫力UPの効果も期待でき、アンチエイジングにも優れているといわれているので、ゴジベリーがスーパーフードと呼ばれるのもわかりますね。

ただ、ゴジベリーは中絶作用があるといわれているので、妊婦や授乳中の方は食べるのをやめておいた方がよさそうです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー