バナナの栄養

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

バナナの栄養を考える

バナナ

私はバナナが嫌いです。匂いも食感もダメです。少しでもバナナが入っていたらすぐに感知してしまいます。 (≧ヘ≦) ムゥ

そんなバナナ嫌いな私があえてバナナの栄養について調べてみることにしました。

バナナは1本約86キロカロリーで、ごはん2分の1杯に該当するカロリーだそうです。

バナナには美容に必要なビタミンが豊富に含まれているそうです。

具体的には、ビタミンB2、B6、そしてポロフェノールが含まれています。

これらの成分はお肌の新陳代謝や抗酸化を予防するなど、美容にとってとても必要な成分が含まれています。

また、バナナにはカリウム、食物繊維が含まれているので、便秘予防などダイエットするには欠かせない成分が含まれています。

以前流行ったバナナダイエットというのはこういうことからも効果のあるものだったのではないでしょうか。

さらに、バナナにはマグネシウムも含まれているので、これから成長する子どもにもぴったりな食べ物だといえます。

マグネシウムは歯や骨の形成を促す働きがあるので、成長期には欠かせない食べ物のようです。

まだまだバナナには栄養素が含まれています。

バナナにはビタミン1が含まれていて、疲労回復には欠かせない栄養素が含まれています。

バナナを食べることで疲労回復の効果が期待できます。

また、バナナにはセロトニンが含まれていて、イライラを解消する働きがあります。

さらに、バナナにはナイアシンが含まれていて、体内の塩分を排出してくれたり、むくみを予防してくれたりする効果があります。

バナナって栄養満点な食べ物というのは本当だったんですね。

いつか私もバナナが食べられるようになりますように。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー