パソコン スマホ ブルーライト 良くない影響

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

パソコンやスマホは人に悪い影響を与える?

スマホ

みなさんは、パソコンやスマホを毎日のように使っていらっしゃるのではないでしょうか。

私も毎日長時間両方とも使っています。

しかし、パソコンやスマホの光はお肌などにとってよくないそうなんです。

パソコンやスマホの光はブルーライトといって、スマホやパソコン画面を長時間使った場合など、眩しさや視界のちらつきなどの原因となって、目が疲れてしまう原因となってしまうそうです。

4日間パソコンの前に座ることは20分間日焼けをしたのと同じダメージを肌に与えるそうです。

ブルーライトは他の光と比べてエネルギーが強いため網膜にダメージを与えてしまい、目の疲れや肩・首などの凝りの原因となってしまうそうです。

また、ブルーライトは、自律神経系、内分泌系、免疫系にも悪い影響を及ぼしてしまうそうなんです。

寝つきが悪かったり、睡眠が浅いなどといった症状もこのブルーライトが原因と考えても間違えなさそうです。

そういったことからも、寝る前にスマホをいじるのはやめておいた方がよさそうです。

質のいい睡眠を取るには、寝る前はスマホをいじらずに寝るようにするのをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー