ピスタチオ 効果 健康 ビタミンB1 カリウム オレイン酸 リノール酸

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

ピスタチオの効果とは

ピスタチオ

みなさんは、ピスタチオをどれぐらいの頻度で食べますでしょうか。

ピスタチオというと、お酒のつまみというイメージが強いかもしれません。

私はピスタチオを食べる機会はほとんどありません。

そんなピスタチオですが、色々な効果があるそうです。

今回は、ピスタチオについてみていきたいと思います。

ピスタチオは1日10~20粒食べるのが理想的だそうです。

ピスタチオには、オレイン酸が含まれていて、このオレイン酸が血液中の悪玉(LDL)コレステロール値だけを減らして、善玉(HDL)コレステロール値を増やす働きがあるそうです。

また、ピスタチオには、リノール酸も含まれていて、この2種の脂肪酸の働きによって、コレステロール値を下げる働きがあるそうです。

ほかには、ピスタチオにはカリウムが含まれていて、カリウムは血液中のナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧の予防には効果があるといわれています。

ほかに、ビタミンB1も含まれていて、ビタミンB1を補うことでエネルギーへの変換がスムーズになるため、疲労回復効果を期待することができます。

このようにピスタチオには色々な効果がありますので、是非積極的に食べてみるようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー