ピスタチオ ビタミンB1 ビタミンB6 カリウム オレイン酸 リノール酸

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

ピスタチオは体にいい?

ピスタチオ

ピスタチオはどのぐらいの頻度で食べますか?

たまにしか食べないという方も多いのではないでしょうか。

そんなピスタチオですが、体にいいそうなんです。

今回は、ピスタチオはどのように体にいいのかみていきたいと思います。

ピスタチオには、オレイン酸とリノール酸が含まれています。

これら2つの酸によって、コレステロール値を下げる効果があるといわれています。

また、動脈硬化や高血圧の予防にも効果があるそうです。

ほかには、ピスタチオにはカリウムが多く含まれています。

カリウムには、血液中のナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧の予防には効果があるといわれています。

そのほかには、ピスタチオにはビタミンB1が含まれているので、疲労回復の効果を期待することができます。

ビタミンB1のほかに、ビタミンB6も含まれていて、このビタミンB6は皮膚炎や口内炎、貧血、脂肪肝を予防して、生理前のイライラや腰痛を緩和してくれる働きがあるといわれています。

このように、ピスタチオには体にとってプラスとなる成分が多く含まれています。

ちなみに、ピスタチオは1日10~20粒を目安にして食べるといいそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー