野菜 ブロッコリー がん予防 栄養成分 抗酸化作用

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

ブロッコリーが健康に良い

ブロッコリー

ブロッコリーが健康に良いそうです。

ブロッコリーには、ビタミンC・βカロテン・ルテインなどの栄養成分が含まれています。

これらは非常に高い抗酸化作用があるそうです。

抗酸化作用があるということは、老化の原因となる体のさびを作ってしまう活性酸素にも効果があるということになります。

抗酸化作用がある食べ物って女性には嬉しいですよね。

また、抗酸化作用はがんを予防するのにも効果があるそうです。

ブロッコリーにはこのほかに、イソチアネートという成分が含まれています。

イソチアネートには、発がん性物質を解毒する効果が期待できるといわれています。

ブロッコリーにはがんを予防する栄養成分がたくさん含まれているということになりますよね。

がん予防にはブロッコリーを食べるしかなさそうです。

ブロッコリーにはこのほかに、ケルセチンが含まれていて、ケルセチンには血管を丈夫にしてくれる効果があるといわれています。

このようにブロッコリーには体にとっていい栄養成分が豊富に含まれているので、是非、ブロッコリーを食べるようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー