不妊治療 人工授精 精子 不妊治療専門クリニック

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

不妊治療とは 人工授精

妊婦

不妊治療の話の続きです。

不妊治療にはステップがあります。

ステップを重ねるほど、難しくなっていきます。

お金にも時間的にも精神的にも・・・。

最初のステップはタイミング法ですが、私はそれは最初からすっ飛ばして、次のステップの人工授精をすることにしました。

人工授精とは、基礎体温を測ったり、内診をしたりして、排卵日を推測して、そこに精子を注入することです。

(私は専門家ではなく、経験者なので、言い方など間違っていたらごめんなさい。)

私は、初めて不妊治療専門のクリニックに行って内診をしたときに、もう排卵日が終わったものだと思ったんです。

生理のアプリで排卵日が終わっているとなっていたので。

ところが、初めて行った日に内診をしたところ、排卵日はまだということがわかりました。

そのため、すぐに人工授精をしましょうということになり、翌日、またクリニックに行くことになりました。

人工授精の精子は、精製する病院と精製しなくてそのままの精子のところとあります。

私のクリニックは精製するクリニックで、精子を持っていったら、精製器にかけるので1時間半~2時間かかります。

それから、先生に精製した精子を注入してもらいます。

精製をしているかいないかで、値段が変わるようです。

私の場合は精製するクリニックだったので、3万円でした。

人工授精は結局2回しました。

人工受精では無理だと思った私はすぐに次のステップに行くことを決意しました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー