不妊治療 体外受精 顕微授精 卵子 精子

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

不妊治療とは 体外受精

妊娠

不妊治療の最終ステップは、体外受精になります。

体外受精は、今までのステップと異なり、高度医療となります。

卵子を採卵して、精子と合わせて、受精卵にするものです。

そして、受精卵になったものを子宮に戻します。

子宮に戻して、着床して心拍が確認できれば、妊娠で、病院を卒業という形になります。

(私は専門家でなく、経験者なので言葉とか違うかもしれません。ご了承ください。)

精子の状態が悪いと、体外受精ではなく、顕微授精となります。

顕微授精と体外受精との違いは、体外受精は卵子に精子をふりかけます。

精子を自然に任せて、受精卵にするというものです。

ところが、精子の状態が悪いと、体外受精ではなく、さらに上の顕微授精となります。

顕微授精とは、選んだ精子を卵子に人工的に注入する方法です。

私の場合、精子の状態が良くなかったので、体外受精でなく、顕微授精となりました。

顕微授精をする前は本当に大変なんです。

何度も不妊治療専門のクリニックに通って、採卵前は、家で自己注射をして、薬も飲んだりして、卵を育てます。

採卵でたくさん取れる人もいれば、取れない人もいます。

私は卵子が少ないタイプだったらしく、採卵の数が少なくて、すごく大変でした。

まずは受精卵にしなくては話が始まらないので、かなり大変な治療方法となります。

続きます。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー