キヌア 食物繊維 鉄分 リン マグネシウム カルシウム 脂質 リノール酸 スーパーフード

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

今話題のスーパーフードのキヌアとは

キヌア

最近、よく輸入食品売り場などでキヌアが売られているのを見かけます。

キヌアはスーパーフードと呼ばれているそうで、栄養が豊富に含まれているそうです。

私もキヌアが気になってしかたないのですが、どうやって使ったらいいのかわからなくて、買えないままでいます。

キヌアの栄養について知ったらきっと買う気になると思って、今回キヌアについて調べてみることにしました。

キヌアは、南米の高地で栽培されていて、水の少ない地域でも育つことができる穀物です。

このキヌアには栄養が豊富に含まれていて、食物繊維や鉄分は白米の約8倍、リンやマグネシウムは白米の約7倍、カルシウムは白米の約10倍、脂質は白米の約5倍も含まれているそうです。

キヌアに含まれている脂質は、良質で体に必要な脂質であるリノール酸ということなので、脂質が多いのではと不安になる必要はありません。

キヌアのカロリーは白米と同じとのことです。

つまり、白米と同じ量を食べることで、白米より栄養がたくさん摂れるというわけです。

これは、キヌアを食べる価値があると思われます。

キヌアには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消する効果を期待することができます。

キヌアは水を吸うと膨れ上がるという性質があるので、満腹感を得ることができます。

ほかには、キヌアには、フェイトエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに似た成分が含まれているので、美容にも効果を期待することができるといわれています。

このように、キヌアには豊富な栄養素が含まれているので、是非、食べて健康に美容に効果を期待したいですね。

ちなみに、キヌアの使い方は、キヌアカップ1に対して水を2カップ用意します。

キヌアを洗って、オリーブオイルを少量入れて1分炒め、鍋にキヌアを入れて水を入れて沸騰させて、沸騰したらふたをして15分間ゆでます。

ゆでた後、火を止めて5分間ふたをしたままそのままにしておきます。

その後、ふたを取ってフォークなどでふんわり混ぜれば出来上がりです。

このようにキヌアはもどしますので、こうしたキヌアをサラダに使ったりして、キヌアを真ニューに加えることができます。

是非、キヌアを使った料理を作ってみてください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー