化粧水 洗顔 お肌 効果 水分 乾燥

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

化粧水の正しい使い方とは

化粧水をつける女性

みなさんは、スキンケアのときに、化粧水を使っていらっしゃいますよね。

みんなが使っている化粧水。

この化粧水には正しい使い方というものがあるそうです。

今回は、化粧水の正しい使い方についてみていきたいと思います。

化粧水は、潤いをもたらし、お肌のキメを整える働きがあります。

化粧水は、水分を与えて、水分を保持するという役割があります。

化粧水を使うときには、500円玉ぐらいの量を使うのがベストといわれています。

それより少ないと、慢性的な水分が不足した肌になってしまう可能性があります。

化粧水は、コットンでつける方法と手でつける方法の2つがあると思います。

コットンを使う時は、コットンの裏側が濡れるまで化粧水をしっかりと染みこませて使うのがいいといわれています。

また、手でつける場合には、手のひらでゆっくりと時間をかけて、お肌になじませるようにつけるのがいいといわれています。

この化粧水をつけるタイミングですが、それはずばり洗顔をしたすぐあとです。

洗顔をすると、お肌の水分が失われてしまってすぐに乾燥してしまうので、洗顔したらすぐに化粧水をつける習慣をつけてください。

以上のように、基本的なことでありますが、それが積み重なってお肌の状態へとなるので、しっかり守るようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー