夜食 カロリー 食べ物 適している

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

夜食を食べるときのポイント

夜食

夕食のあとに、お腹が空いてしまうことってありますよね。

そんな時に夜食を食べたいと思ってしまうと思います。

でも夜食は気をつけないと太ってしまう原因となってしまいます。

夜食を食べると太ってしまう原因として、夜は自律神経の副交感神経が優位になるため、代謝が抑制されてしまうことが挙げられます。

また、夜は副腎皮質ホルモンというホルモンの分泌量が減るので、夜食はエネルギーよりも脂肪になりやすくなってしまいます。

さらに、夜は食事を消化することで内臓が活性化して、熱を生み出すDIT(食事誘導性熱産生)が減ってしまうので、エネルギー消費が減ってしまうことも挙げられます。

そのため、夜食は太ってしまうという傾向にあります。

では、夜食はどのようなものを食べればいいのでしょうか。

まずは低カロリーのものをおすすめしたいと思います。

200キロカロリーぐらいに抑えることができるものが夜食として理想的です。

また、胃腸に負担のかからない消化のよい食べ物も適していると思います。

そして、温かい食べ物というものも夜食として理想的です。

冷たい食事は、に負担をかけて胃の働きを低下させてしまうからです。

汁ものなど満腹感を得やすい水分の多い食べ物も夜食としておすすめです。

このように夜食にするのにぴったりな食べ物がありますので、是非、そういったものを夜食に食べるようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー