新幹線 焼身自殺 火災 持ち物検査 ペットボトル

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

新幹線での焼身自殺の事件をうけて

新幹線

先日、東海道新幹線の車内で71歳の男性が焼身自殺をしました。

その日の昼間、ネットで新幹線で火災が起きたというニュースを見た時は、電気配線のトラブルか何かで火災が発生しただと思っていました。

ところが時間が経つにつれてとんでもないことがわかったのです。

新幹線の1号車の運転席のすぐ後ろで男性が油のようなものをかぶって焼身自殺をしたというのです。

これにはびっくりしてしまいまいた。

関係のない女性が1人亡くなってしまったことがとても悲しく思いました。

そのほか重軽傷を負った方は26名ほどいらっしゃいますが、それでもその程度で済んだということはまだ良かったと思います。

下手したら運転手が巻き込まれていたら、新幹線の運転は不能に陥り、どうなっていたかわかりません。

また、適切な消火活動が行われたようで、パニックに陥ることにもならずにすんだようです。

でも、まさか新幹線の中に油のようなものを持ち込んでいるとは夢にも思いませんよね。

自分が新幹線に乗っていた時にその事件に遭遇してしまったらどうなるのかと思うとゾッとします。

新幹線は急いでいても時間ギリギリで飛び乗ることができるのも魅力の1つです。

今後、手荷物検査などが行われることになるとなると、時間に余裕をもって新幹線に乗るようにしないといけなくなりますね。

飛行機のようにペットボトルまで持ち込み禁止にされると駅構内の自販機でペットボトルを購入するしかなくなるので、またそれも不便だなぁと思ってしまいます。

でも、このようなことがまた起こるかもしれません。

今後は危機感を持って何事にも取り組む必要があるのかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー