日焼け ビタミンC ビタミンE 抗酸化作用 食べ物

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

日焼けしてしまった後に食べるといいもの

日焼けする女性

日焼けをしてしまった!!というようなときがあるかと思います。

日焼けをしたいと思っていないのに、日焼けをしてしまったという時には厄介ですよね。

そうしたときに有効な食べ物があるんです。

抗酸化作用のある食べ物を食べるのが、日焼けには有効的だといわれています。

日焼けをした場合いには内と外からのケアが必要です。

バナナの皮をむくと、皮と実の間に白いすじがあります。

実はこの白いすじには抗酸化成分が多く含まれているそうです。

なので、バナナの白いすじを取らずに食べるのが日焼け止めとして効果が期待できるということになります。

そのほかには、ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあるといわれています。

ビタミンCと一緒に、ビタミンEを摂取すると、日焼け後のお肌の回復効果が上がるそうです。

また、ビタミンEが不足すると老化色素の合成が促進され、シミやそばかすになりやすくなりにくくなるといわれています。

そのため、ビタミンEが多く含まれている食べ物を食べる必要があります。

ビタミンEが多く含まれている食べ物として、アボカド、大豆、ゴマ、ナッツ類があります。

このように、日焼けをした後でも食べ物でカバーすることができますので、是非、そういった時にはこれらを食べるようにしてみてください。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー