みかん ビタミンC 栄養価 風邪 便秘 美容

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

旬の果物のみかんの効能

みかん

この季節になるとスーパーの店頭など目立つところでみかんが売られている光景を目にすると思います。

冬といえばこたつにみかんですよね。

みかんを食べ過ぎると手が黄色になってしまうのですが、みかんには栄養価が高いといわれています。

みかんにビタミンCが豊富なことで有名だと思います。

みかんにはビタミンCが100g中350mg含まれているといわれています。

そのため、みかんを1日3個食べれば成人が必要なビタミンCを摂取できるといわれています。

みかんにはビタミンC以外には、ビタミンA、カロチン、ビタミンP、カリウム、ペクチンが含まれています。

みかんを食べると酸っぱいと思うのですが、この酸っぱさはクエン酸が含まれているためだからです。

袋や皮、皮の内側の白いすじにもクエン酸が含まれているといわれているので、みかんの白いすじを取らずに食べる方がいいみたいです。

みかんは袋におおわれていますが、この袋には食物繊維が含まれているので、袋ごとみかんを食べることがいいみたいです。

また、皮の内側のすじにはビタミンB、Cが含まれているといわれていますので、丸ごとみかんを食べるのがいいようです。

こういった栄養価が含まれているので、みかんは風邪に効果があるといわれています。

また、みかんを食べる習慣があると、便秘にも効果があるそうです。

みかんにビタミンが豊富に含まれているので、美容にも効果が期待できます。

是非、みかんが手軽に手に入るこの季節。

健康と美容に効果のあるみかんを食べて冬を乗り切りましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー