菜の花 栄養成分 抗酸化作用

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

春野菜の菜の花の栄養とは?

菜の花

春になると、スーパーなどで、菜の花を見かけますよね。

菜の花が売られているのを見ると、「春だなぁ。」と思ってしまいます。

菜の花はおひたしなどで食べることが多いと思いますが、この菜の花にはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

菜の花には、抗酸化作用のあるビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

抗酸化作用があるというのは、女性には嬉しい効果ですよね。

この中でもビタミンCは、ほうれん草の約4倍も含まれているそうです。

ほうれん草より多くビタミンCが含まれているということですから、是非食べたい野菜ですよね。

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを多く含んでいるので、抗酸化作用により老化を抑える効果が期待できます。

また、免疫力のアップ、美肌効果なども期待することができます。

菜の花に含まれている栄養成分はこれだけではありません。

葉酸、ビオチン、鉄も多く含まれていますので、貧血を予防したり、肝臓を解毒したり、疲労回復効果などがあるといわれています。

菜の花はちょっとクセのある野菜ですが、栄養がたくさん含まれているので、食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー