水 朝 効果

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

朝起きて水を飲むのがいい

水

人の体の70%は水でできているというのをご存じでしょうか。

結構有名な話ですので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

人は寝ている間に汗をかいてしまうため、体の中の水が減ってしまいます。

そのため、朝起きたときのタイミングで水を飲むのがいいとされています。

水が不足している状態のときに、水を飲むことで、体の中に水分を浸透させることができます。

また、朝にお水を飲むと、胃から結腸へ反射が起こって便意をもよおすことになって、朝から快便を実感することができるともいわれています。

寝ている間に水分を失うため、血液はドロドロになっているのですが、朝起きて水を飲むと、血液に水分がいきわたり、血液がサラサラになるという効果もあります。

そのほかに、朝起きて水を飲むことで、脳梗塞や脳血栓予防などの効果があるといわれています。

朝に水を飲むことで新陳代謝を促して、さらに、脳の老化を防止する効果もあるとされています。

このように、朝、起きてから水を200ml飲むことで、色々な効果があるとされていますので、是非、朝起きて水を飲むようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー