豆苗 栄養素 ビタミン βーカロテン カルシウム

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

栄養を摂るには豆苗がおすすめ

豆苗

中華料理では豆苗は知られていたと思いますが、最近、中華料理でなくても豆苗を使う人が増えてきていると思います。

豆苗はかいわれだいこんのような感じでスポンジから生えている野菜です。

かいわれだいこんに似ているということもあって、かいわれだいこんの近くで豆苗も売られていることが多いのではないでしょうか。

豆苗は価格もかいわれだいこんのように安定しているので、栄養を摂る野菜としてはぴったりです。

豆苗にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

豆苗には、免疫力向上や老化防止に役に立つβーカロテン、抗酸化作用のあるビタミンC、アンチエイジングに効果のあるビタミンE、そのほかにビタミンK、カルシウムなどが含まれています。

豆苗を食べる時におすすめな方法が油で炒めて食べる方法です。

豆苗は、油で炒めると、β-カロテンやビタミンEの吸収がよくなるので、油で炒めるのがおすすめです。

しかし、長い時間、豆苗を加熱しているとビタミン類がなくなってしまいますので、油で炒める時にはすばやく炒める必要があります。

豆苗は生のままでも食べることができますので、豆苗を生で食べて栄養素を摂るという方法もおすすめの1つです。

野菜が高い冬の時期、価格が安定している豆苗を積極的に食べて栄養素を摂りいれてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー