水 飲む 飲み方 影響 体

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

水の飲み方に注意が必要

水

水を1日2リットル飲むとよいということは、多くの方がご存じのことだと思います。

体の70%が水分でできているので、体の中の水分を入れ替えるためにも、水を2リットル飲むことには意味があるんです。

でも、間違った水の飲み方をしてしまうと、かえって体に良くない影響を及ぼしてしまいます。

今回はそのところを見ていきたいと思います。

水を1度にたくさん飲むのはよくないといわれています。

飲んだ水は、主に大腸から血液中に吸収されるので、たくさん水を飲むと血液中に水が吸収されない水分が余った状態になってしまいます。

そのため、血管から水が外に出にくくなってしまって、むくみの原因となってしまいます。

たくさんの水分を1度にとると、体内の水分過剰で細胞が膨化し、低ナトリウム血症を引き起こす水中毒になってしまうおそれもあります。

そのほかに、冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲むのもよくありません。

体が冷えてしまって、むくみの原因となってしまうからです。

ほかには、食前・食事中・食後に大量の水を飲むのもよくありません。

食事中や食後は胃が活発に働いていて、水分の吸収率がぐんと高まっているので、むくみの原因となってしまうからです。

また、寝る前に水をたくさん飲むと、代謝が追いつかずにむくみとなってしまいます。

このように、飲み方によっては、体に良くない影響を及ぼしてしまいますので、飲み方を工夫して水を飲むようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー