水 便秘 血液

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

水を飲むのが大切なわけ

水

私たちの体の70%は水分でできているといわれています。

そのため、はとても大切なものだと思います。

水を飲まなくてはいけないのには理由があります。

水をこまめに飲むことが必要なようです。

水は、起床時、朝・昼・夕食時、運動前後、入浴前後、就寝前に飲むのがよいといわれています。

睡眠中、体は体温を調整するためにコップ一杯もの汗をかいているそうです。

そのため睡眠中に水不足になって血液がドロドロになってしまうそうです。

血液がドロドロになってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を起こす危険性が高まってしまいます。

そういったことからも、起きてすぐにお水を飲むというのはとても大切なことだということが言えると思います。

水は、鉄分やタンパク質とともに血液を作ることになります。

血液は酸素や栄養を体中に運ぶ働きがあります。

そういったことからも、水は酸素や栄養素を運ぶのを助ける役割があるということが言えます。

朝起きてすぐに冷たいお水をコップ1杯ほど飲むと便秘が解消されるといわれています。

是非、便秘の方は起きてすぐに水を飲むようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー