豆乳 タンパク質 脂質 消化吸収

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

消化吸収の良い豆乳

豆乳

大豆を食べるのがいいということを聞いたことがある方も多いと思います。

でも、大豆をそのまま食べても消化があまりよくないし、栄養をそのまま摂れるのかというとそうではなさそうです。

大豆を原料にしたものが豆乳です。

豆乳は大豆と違って、92~98%消化吸収されるといわれています。

ですので、大豆で行えなかったことが、豆乳では可能となります。

人の体の三大栄養素は、タンパク質、糖質(炭水化物)、脂質といわれています。

豆乳は、その中の特に良質な夕ンパク質と脂質をたくさん含んでいます。

これだけでもいかに優れているかということがわかると思います。

タンパク質は皮膚、内臓、筋肉、骨、血液などの細胞や組織を作っているほか、酵素やホルモンなどの材料にもなります。

豆乳のタンパク質は、含まれる量が多い上に、栄養価が高く良質であるといわれています。

豆乳夕ンパク質は必須アミノ酸構成の良い動物性タンパク質に近い構成でできているので、良質であるといわれているそうです。

豆乳の脂質には、不飽和脂肪酸が8割以上が占められています。

不飽和脂肪酸は、成人病予防などの効果があり、体に良い脂質といわれているそうです。

このように、豆乳には優れた栄養成分が豊富に含まれています。

豆乳を是非、積極的に飲むようにしていきたいものですね。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー