潤い 皮脂 NMF(天然保湿因子) 細胞間脂質 乾燥

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

潤いがないお肌の原因

潤いのあるお肌

年齢を重ねると、お肌は潤いがなくなってきてしまいます。

お肌の潤いがなくなってしまうと、しわやたるみなどの原因となってしまい、老けて見られてしまうようになってしまいます。

それを防ぐためにも、潤いのあるお肌でいることが大切です。

本来、お肌には自ら潤いを保ち、お肌の健康を保つ働きがあります。

お肌の潤いを作るものとして3つのものがあります。

皮膚の表面で汗と混ざり合って皮脂膜を形成し、乾燥や刺激から肌を守る皮脂、角質細胞内に存在し水分を保つNMF(天然保湿因子)、セラミドに代表される潤い成分。角質細胞の間で細胞同士をつなぐ役割をする細胞間脂質があります。

これらの潤い成分が減ってしまうと、皮膚のバリア機能が衰えてしまうそうです。

たとえば、皮脂が減ってしまうと、皮脂膜を形成できなくなり、乾燥や菌の侵入などを防ぎにくくなってしまいます。

NMFが減ってしまうと、角質内の水分が減り、肌の透明感や若々しさが失われてしまいます。

細胞間脂質が減ってしまうと、角質細胞をつなぐ力が弱くなり、角質がめくれ隙間が出来やすくなってしまいます。

このように潤い成分が減ってしまうと、お肌の潤いがなくなってしまうので、これらの潤い成分がなくならないように生活習慣などを改善して潤いのあるお肌を取り戻すようにする必要があるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー