熱中症 スコール 亜熱帯気候 対策

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

熱中症に注意が必要

熱中症の女性

もう真夏といってもいいぐらいの暑さですね。

夏と言えばいろいろなイベントがありますが、何より気をつけたいのが熱中症です。

確実に日本の気候は亜熱帯になってきていると思います。

昔は温暖湿潤気候だったと思いますが、激しい雷雨が急に起こったりなど、まるでスコールのような雨が局地的に降ったりするなどして、確実に東南アジアのような気候になってきていると思う今日この頃です。

昔はこんなにスコールのような雨は降りませんでしたよね。

ところが、近年では、スコールのような激しい雨が降って、甚大なる被害を各地にもたらしています。

そういったことからも、今までの日本と同じような気候と考えるのはやめておくのが無難だと思います。

昔と違うというと、熱中症もその1つだと思います。

昔はさほど、熱中症になるということを考えなくてもなんとかなったと思います。

ところが、最近では、熱中症を意識して夏は行動しないと、大変なことになってしまいます。

特に、が危険です。

車のエンジンを切って数分で、車内の温度が高温になってしまいます。

そのようなところに、子どもやお年寄りなど弱い方を置いておくというのは危険な行為だと思います。

もちろん大人も危険ですが、特に子どもやお年寄りなどの方を車内に置き去りにしないように行動することが必要だと思います。

熱中症にならないようにするためには、こまめに水分を摂るなどといったことが必要です。

「昔は大丈夫だったから。」ではもう通用しなくなってきています。

今までの経験から考えるのではなく、確実に気候が変わってきているんだと意識して行動してほしいと思います。

熱中症で重篤になると、命を落としてしまうこともありますので、熱中症対策はしっかり行うようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー