熱中症 水分補給 水分 塩分

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

熱中症に注意が必要

熱中症

梅雨明けしてから暑い日が続いています。

お天気が良いのは嬉しいことなのですが、これだけ暑い日が続くと熱中症に注意が必要です。

熱中症は重症になると、命にかかわることになってしまいます。

炎天下の中での運動などにはこまめな休息が絶対に必要です。

炎天下の外以外にも体育館などの建物の中でも熱中症には注意する必要があります。

熱中症になると、めまいがしたり、顔面蒼白になったり、筋肉がけいれんしたりする症状があらわれます。

もっとひどい状態になると、意識がもうろうとしたり、呼びかけに反応が鈍くなったり、言動がおかしくなったりしてしまいます。

そうなってしまうと、救急車を呼ばなくてはいけない次元になってしまいます。

熱中症は入院が必要になったり、ひどい場合には死亡したりする可能性がある症状ですので、私は大丈夫と思わずに熱中症にならないように十分注意しておく必要があります。

人は1日に約2.5リットルの水分を体から失うそうです。

このことからも、水分を十分に摂る必要があるということがわかるかと思います。

また、熱中症予防には水分を摂るだけでは足りないといわれています。

汗をかいた場合、汗をかくことで失われる塩分も補う必要があります。

そのため、飲み物には塩分の入った飲み物を選ぶと良いようです。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー