爪 爪の色 爪の形 健康状態

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

爪で健康がわかる?

爪

爪を見れば、健康状態がわかるといわれています。

爪は健康の状態がわかる重要な部位です。

では、爪の状態がどうなったら健康を害しているのかなどをみていきたいと思います。

爪がピンク色をしているときは健康な状態にあるといわれています。

爪の色が白い爪の人は、貧血気味だといわれています。

爪の色が、黒っぽい紫色になっている人は、悪性の貧血の場合、心臓病の可能性もあるといわれています。

また、爪の色がピンクでなく赤色の人は、多血症といわれていて、脳血栓や心筋梗塞になる可能性があるといわれています。

爪は1日約0.1mm伸びるといわれていますのですが、なかなか爪が伸びない人は栄養不足の可能性があるといわれています。

色も悪く、爪もガタガタの伸び方をしている人は、リンパの流れが悪いといわれています。

また、爪には形で健康かどうかを知ることができます。

爪の形が、中央が異常に盛り上がり、指の先端を包み込むような伸び方をしている場合は肺がんや慢性的気管支炎になってしまう可能性があります。

また、爪の形が中央がへこんで伸びている爪の人は、重い貧血であるといわれています。

このように、爪の色や形で健康状態を知ることができますので、是非、爪を見て、自分の健康状態を知ってみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー