牛肉 ビタミン ミネラル タウリン トリプトファン カルノシン

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

牛肉に含まれる栄養

牛

お肉シリーズをここ最近記事にしていますが、今日は牛肉についてみていきたいと思います。

何気なく食べている牛肉にはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

牛肉には動物性たんぱく質が含まれていて、内臓や血液、皮ふなど体をつくるうえで欠かせない栄養素です。

これは他のお肉と変わらないかと思います。

牛肉には、タンパク質、脂質、ナイアシン・ビタミンA・ビタミンDを始めとするビタミン類、葉酸、カリウム・鉄・亜鉛などをはじめとする各種ミネラル分がバランス良く含まれています。

ビタミンやミネラルはお肌にとって大切な栄養素なので、美肌効果が期待できます。

特に、ナイアシン、ビタミンK、ビタミンB12、亜鉛が多く含まれているといわれています。

また、アミノ酸の一種であるタウリンも含まれていて、胆汁酸の分泌促進、血圧降下作用、肝機能向上作用があるといわれています。

牛肉にはトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸が豊富に含まれているため、牛肉を食べると脳神経や自律神経に作用して、幸せな気分にさせる効果があるといわれています。

牛肉には、タンパク質の一種のカルノシンが含まれていて、このカルノシンには抗酸化作用があるといわれています。

抗酸化作用は、女性には嬉しい効果ですよね。

また、カルノシンは、筋肉や心臓で、PH(酸性・アルカリ生を示す指数のこと)を調節する作用があるともいわれています。

このように牛肉にはたくさんの栄養が含まれていて、美容にも健康にも良い効果があります。

美容と健康のためにも、積極的に牛肉を食べたいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー