筋肉痛 血行 筋線維 筋膜

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

筋肉痛はどうしてなってしまうのか

筋肉痛の女性

激し運動をした後や久しぶりに運動した後に、筋肉痛になってしまう経験をしたことがある方は多いと思います。

しかも、運動をした次の日、次の次の日あたりから筋肉痛になってしまって、痛い思いをすることになってしまいます。

よく言いますよね。

筋肉痛に早くなる方が若い証拠だとか。

年を取るほど、筋肉痛になる時期が遅くなってしまうようです。

さて、この筋肉痛

どうしてなってしまうのでしょうか。

筋肉は細い筋線維が集合したもので、それが束になったものが筋肉です。

筋線維は、筋膜という膜におおわれています。

筋肉痛はこの筋線維がダメージを受けて、痛みを引き起こす物質が放出されることで起こってしまうといわれています。

筋線維がポイントだったんですね。

筋線維がダメージを受けると炎症が起こってしまい、炎症を起こした筋線維の組織を取りのぞくために白血球が集まってきます。

この白血球には血液を掃除する役割があるのですが、掃除をするのと同時に、傷みの物質であるプラジキニンやプロスタグランシンを放出するといわれています。

これにより、筋肉痛が発生するというわけです。

筋肉痛を軽減するためには筋線維のダメージを回復させる必要があるので、血行を良くすると効果が期待することができます。

筋肉痛になったと思ったら、お風呂にしっかりと入って、血行を良くすることをおすすめします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー