粒あん ポリフェノール サポニン 効果

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

粒あんには色々な効果がある

おはぎ

みなさんは、粒あんを食べることがありますか?

粒あんは、実はすごく色々な効果がある食べものなんです。

今回はそんな粒あんに焦点をあてて、ご紹介していきたいと思います。

粒あんの皮に含まれているサポニンは、生活習慣病などに効果があるといわれています。

小豆の皮には、食物繊維が豊富に含まれているので、こしあんより粒あんの方が栄養価が高いということがわかるかと思います。

小豆は古くから健康食として知られています。

小豆の外皮に含まれるサポニンはポリフェノールと同様に強力な抗酸化作用があるといわれています。

小豆からあんこを作る時にはお砂糖を加えますが、小豆のアミノ酸と糖が結びついたものを加熱すると、メラノイジンという物質ができるそうで、これにより抗酸化作用がさらに深まるそうです。

小豆には、ポリフェノールが赤ワインよりたくさん含まれていて、強力な高酸化作用で活性酸素を除去する効果を期待することができます。

また、サポニンには、体内で糖と脂肪が結合して、体脂肪として蓄積してしまうのを防ぐ作用があるといわれています。

このように、粒あんには色々な効果があるので、是非、甘いものが食べたくなったときには、粒あんを食べてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー