納豆 夜 ナットウキナーゼ 栄養素

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

納豆は夜食べるのがいい?

納豆

納豆が体にいいということはよく知られていることだと思います。

納豆には、ナットウキナーゼが含まれていて、このナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれる効果があるんです。

納豆に含まれるピラジンやナットウキナーゼは血栓を防いでくれて、血行をよくしてくれるので脳梗塞や心筋梗塞を予防することができるんです。

また、納豆には良質なカルシウムも含まれています。

納豆にはビタミン群が含まれていて、皮膚の保護、美肌の効果を期待することができます。

さらに、納豆には骨を丈夫にするビタミンKが豊富に含まれています。

このようにたくさんの栄養素が含まれている納豆ですが、納豆を夜に食べるのがいいそうです。

その理由は、睡眠中に血栓ができやすいので、それを防ぐことがナットウキナーゼにはあるので、夜に納豆を食べて、血栓を防ぐことが理想的だといわれています。

また、納豆には、アルギニンが含まれていて、アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進する効果があるとされているので、夜に納豆を食べるのがおすすめだそうです。

さらに、納豆に含まれているカルシウムにはリラックス効果があるので、夜に食べると安眠・熟睡につながるそうです。

このように、納豆を夜に食べるといいことがありますので、是非、納豆を夜に食べるようにしてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー