緑茶 ダイエット カテキン 抗酸化作用 がん アンチエイジング 健康

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

緑茶カテキンの効能とは

緑茶

緑茶というと、日本人が食事中やほっとひと息をつきたい時に飲むイメージがありますよね。

緑茶は渋いという方もいらっしゃると思いますが、この渋味がカテキンと呼ばれるものになります。

カテキンには血糖値を緩やかにする効果があるといわれていますので、食事中に飲むというのは理にかなっていることになります。

また、カテキンには、体脂肪を減らし、糖や脂質の吸収を抑える効果もあるといわれていますので、実はダイエットにもカテキンは有効的なんです。

緑茶を飲んでダイエットをしたい時には、1日あたり500グラムほどの緑茶を飲むと効果があるそうです。

さらに、カテキンには抗酸化作用があるといわれています。

抗酸化作用というと、体のサビを取り除くのに必要なものですよね。

アンチエイジングにぴったりな飲み物だということがいえます。

この抗酸化作用にはがんになるリスクを減らす効果もあるといわれていますので、緑茶を飲むことでがんを予防する効果も期待することができます。

是非、いつも飲むものを緑茶に変えて、緑茶の効果を取りいれてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー