肝斑 美容整形クリニック フォトフェイシャル レーザー イオン導入 女性ホルモン

menu

気になる美容と健康情報の徒然日記

肝斑の治療方法

肝斑ができてしまった女性

みなさんは、肝斑がありますか。

肝斑かシミなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

肝斑の見分け方として、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるシミは肝斑の可能性が高いといわれています。

また、肝斑は30~40代にできるものだそうです。

肝斑のできる原因として、女性ホルモンがあげられます。

女性ホルモンのバランスが崩れると、肝斑ができやすくなってしまうそうです。

では、肝斑ができてしまったら、どのようにしたらなくすことができるのでしょうか。

治療方法はいくつかあります。

治療方法として、美容整形クリニックでレーザー治療をしてもらうという方法があります。

レーザーを当てることで、肝斑が徐々に薄くなっていくそうです。

ほかには、イオン導入も肝斑の治療として有効であるといわれています。

こちらも美容整形クリニックで行うことになります。

そのほかには、フォトフェイシャル(IPL)という光治療もあります。

こちらは、光によって肝斑をなくしていく方法です。

このように、肝斑をなくすために、いくつかの方法がありますので、肝斑で悩んでいらっしゃる方は是非検討してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー